いすゞ自動車の特徴

いすゞ自動車の特徴

いすゞ自動車は、トラック、バスの商用車を製造するメーカーで、かつてはゼネラルモーターズの関連会社でしたが、2006年に資本関係を解消しています。国内の自動車メーカーの中では、最も古い歴史があり、自動車、船舶、産業用ディーゼルエンジンなどの技術に長けています。特に、ディーゼルトラックバスの製造メーカーとしてよく知られていて、いすゞ自動車は、小型トラックのディーゼルエンジンにおいて、いち早く排ガス規制をクリアしたトラックを輩出しました。その特徴としては、自動変速装置のNAVIがあります。アスカという車を販売した際、世界で初のNAVI5を搭載しました。これは、MT車のマニュアル変速装置を自動化したもので、AT車と違い、MT車のようなマニュアルシフト操作もでき、また、AT車のようなイージードライブも可能な装置です。その技術は今も、トラックやバスに継承されています。いすゞ自動車は、今、東南アジアに力を入れていて、ピックアップトラックが人気になっています。新型エルフも人気で、この車には、手動変速機のスムーサーが搭載されています。今後は、ハイブリッドエンジンや、スーパークリーンディーゼル車の開発をもくろんでいます。

ホーム RSS購読 サイトマップ