車買取シュミレーション

車買取シュミレーション

車査定減額の理由

車査定で出た金額に納得し、買取り契約をした後になって、査定額が減額されることがあります。理由としては、買取り予定の車に新たな傷や故障が見つかった、走らせてみたら思ったより異音が聞こえる、などがあります。これらの理由が全て事実であり、その事実を売る側である車のオーナーが黙っていたとしたら、査定額の減額要求は仕方ないと言えます。ですがもしも、査定金額よりも減額したのが買取り業者側の勝手な言いがかりだった場合は問題です。車査定業者によっては、そのように後から減額理由を突き付けて買取金額を減らそうとする詐欺を常習としている可能性もあるのです。減額の問題は車買取査定に関わるトラブルとして、ありがちになっているのが現状です。このトラブルを避けるためには、車買取業者との契約の際に、契約書をよく確認しておく必要があります。車の再査定による減額がある、と契約書に明記されていれば、詐欺として訴えることは出来ません。査定金額から減額されないためには、業者に前もってはっきり説明をしてもらうよう要求すべきです。再査定がなく、契約後の減額なしとしている買取り業者を選ぶのが安全です。
インターネット 車査定

ホーム RSS購読 サイトマップ