自動車メーカーへの就職

自動車メーカーへの就職

就職活動対策に自己分析を

就職活動において採用がされるかされないかは、きちんと対策をするかどうかにかかっています。バブル経済が1990年代後半にはじけて、就職活動が一転、売り手市場から買い手市場へと転換しました。現在においてもその影響は影を落としており、就職活動に苦戦する人は大勢います。十分な対策を講じなければ、就職活動ではよい結果が出せません。まずは自己分析をすることが、就職活動対策では大切なことです。自分自身を分析することを、自己分析といいます。自分がどんな経験によって形成されているのか、今現在どんな能力を持っていて、この先どんな人間になりたいかを考えます。しっかりと自己分析を行えば、もう一度自分のアピールポイントを見直すことができます。面接が就職活動には絶対にありますが、自分の長所や短所など、自分のことをどういう人間だと考えているかがほとんどの面接では聞かれるでしょう。自己分析を済ませておけば、面接対策になるというわけです。自己分析は志望動機の絞り込みにもなります。自分にとっても、面接時にも、なぜその業種で働きたいか、その会社に入りたいかは重要なテーマです。いわば自分のことを他の人に分かってもらう活動が、就職活動だといえるでしょう。就職活動の対策では、自分のことを分析し、認識し、文章化するプロセスが必要になるのです。

ホーム RSS購読 サイトマップ